午前二時のざれごと

おぽちゅにてぃ

1ヶ月目のMT-09SP

先月8月25日にMT-09SPを納車して1ヶ月で約3000キロ走った

 

乗り換え候補として熱心に調べていたのがDR-Z400SM、DAYTONA675、アフリカツイン、街で見かけたMonster1200でストファイ系統もかっこいいなと思い始める

このときは単眼の見た目もあまり好みではなくMT-09には興味がなかったが、2017にモデルチェンジしたフロントマスクがかなりツボで09について調べ始める。乗りやすい万人受けするバイクかと勝手に思っていたけど正反対の性格で楽しそう。そして2018年にSPモデルが発売されたことが決定打となり、年内には全く考えていなかった大型二輪購入&取得

やはり売れてるバイクだけあってカスタムパーツが相当出回っており、Ninja400があまりにも少なすぎて不満だった為そこも結構大きな決め手となった

 

見た目

ストファイにモタードを足したようなスタイルがほんとすき。鋭いフロントマスクから低くて横に広いタンク、シャープなテールから機能性を捨てたリアまわりまでのバランスが完璧。OHLINSのリザーバータンクもぐうかっこいい

 

フルカウルにはないベクトルのストファイ特有の格好良さ無骨なエンジンを中心にまとまってるこのデザインがたまらん。不評気味なメーターもオフ車モタードの意匠を継いでいるようなシンプルなデザインでこのバイクには合っていると思います

 

足つき、取り回し

身長173で足つきはサスの調整で多少は変わるだろうけれどつま先の拇指球が付くくらいで少しケツをずらせばベタ足。Ninja400よりは足つきは悪いけれど、シートが細くなっているので820の字面ほど高くは感じず不安感はなし

取り回しは確実にNinja400より軽く感じます(実際軽い)、押し引きも重心が上にあるような感覚でかなり楽なのですが、それゆえに押し引き中にバランスを崩すと簡単に倒しそうです

 

 

乗り味

トルクおばけ。低速からのもりもりトルク、吹け上がりの良さ&車体の軽さでとにかく過激な加速の仕方をします

特にAモードの鋭いスロットレスポンスでガバ開けすると自分の頭で思ってる加速のしかたと実際の加速が離れすぎててみぞおち辺りが置いていかれるようなセルフチン寒が味わえました。確かにこれはパワーリフトしますわ

普段はB以上、A以下のSTDモードが使いやすく、Bモードはぬる~いレスポンスで雨の日以外使う気にはならないです。本領発揮のAモードはビキビキのレスポンスで開けた倍くらいの加速感なので一番楽しいです。高速道路、慣れた峠道でよく使いますが、市街地のすぐ前に車がいる状況だと使いづらいです

リアOHLINS&フロントKYBのサスは、初期セッティングのままいじらず乗っていましたが、ものがいいとここまでコーナーの安定感に差が出るのかと驚いた。バンクしたときの踏ん張るトラクションのかかる接地感というか…うまく説明できないのでちゃんとしたインプレを読んでくだせえ

とにかくひらひらパタパタ倒れて鬼のトルクで立ち上がり吹っ飛ぶような加速をするのでタイトな峠道がマジで面白いです。峠を走るためにこのバイクを買ったと言っても過言では無いくらい本当に楽しい

 

リミッター

無いと噂されていたリミッターはかかっており6速8000回転でメーター読みぬようキロから上がりませんでした

ストファイなので風はモロくらいますがそこはしょうがない。伏せれば多少はマシになりますが、ぬふわキロを超えた辺りからキツくなりぬえわキロを超えてくると手を離すと離陸しそうなレベルです。カウリングもないので地味に冬の膝が寒そう

 

姿勢 ・その他

上半身はモタードのようでステップはやや後ろにある感じ。ニーグリップもしやすく特に違和感はなく長距離のツーリングでも体の一部分が痛くなることもない。ただシートは巷でも言われている通り前に下がっているので後ろに座っても徐々にズレてくる

500キロ走ると流石にケツが痛くなってくるけど別に取り替えるほどでも無いです。このシートで根を上げてる人が結構いるので合わない人にはつらいシートなのでしょう

ハンドルの切れ角は意外にも見た目から想像していたほどは無かったけどUターンは楽々。ブレーキもラジアルに交換したいところだけど加速に対してもしっかりと効き現状は特に不満もなし

トラコンは普段から介入度を最大の2に設定していますが、大きい段差や砂利道を走ったときにたまに点滅してる程度であまり効果は体感していませんが精神的な安心感は大きいです。ABSは結構早い段階で入ってくるので最初は変な触感に少しビビりました

 

積載・燃費

積載は無に等しいです。シート下収納は皆無ETCが入るくらいで車載工具は最低限のものがシート裏に貼り付けられているレベルです。グラブバーもなくナンバーの付いているスプラッシュガードもスイングアームから出ているので積載で紐を引っ掛けるのには使えません

燃費はタンク容量14リットルで上下するけどリッター20~23キロくらい。タンクの形なのか2/3過ぎた辺りから一気に燃料計が減っていくような気がします。燃費を気にしない乗り方だと200キロ手前で燃料計が点滅してFトリップメーターに切り替わり50キロ走って給油したら12.6リットル入ったので、Fトリップに切り替わってから70キロは走りそうな感じはします。満タンからの航続距離は大人しく乗って250キロ前後くらいだと思います

積載、燃費はバイクを選ぶ上で一番どうでもいい要素なのであまり気にならないです。長距離走るときはエンデュリスタンのブリザードというオフ車向けのサイドバッグを使ってますがいい感じなのでそのうちインプレします

 

エキゾーストノート

アイドリング~3000回転くらいまでは、トライアンフほど主張は激しくないヒュルヒュル、ヒュンヒュンした高い吸気音がします。3000を越えた辺りからガラッと性格が変わったような音になり2気筒のパルス感よりは滑らかな4気筒を曇らせたような濁らせたような、明らかに2気筒でも4気筒でも無い独特な3気筒の音になります。この演出された音の変化が乗っていてめちゃくちゃ気持ちいいです

 

慣らし800キロ辺りで納車前からポチっていたAKRAPOVICのレーシングラインに交換

腹下で巻くトグロとしっとりとしたカーボンの質感がたまらん。純正には無い重厚な低音がプラスされ大型バイクらしいエキゾーストになります

バッフルを抜いた音圧は一定の回転数で走り続ける市街地では疲れるので、目的地に付いてからプライヤーで引っこ抜いてます。軽い吹け上がりに官能的な3気筒サウンド、エンブレを使ったときのアフターファイヤの破裂音が気が狂うほど気持ちええんじ ᕙ('ω')ᕗ低排気量ではたどり着けないこのエキゾーストが走っているときにここまで気分が高揚するものだとは知らなかった

 

ヤマハが開発コンセプトにした"意のままに操れる悦び"が分かるバイクですよこれは。これから走りも盆栽も存分に楽しんでいきます

お ま た せ

 

というわけで3ヶ月待ったMT-09SPがようやく納車されました。Ninja400を売却し大型ライフ始まる

Ninja400より体感小さい軽い車体に2倍の排気量、2.7倍の馬力で想像を絶するトルクと吹っ飛ぶような過激な加速でクッソ楽しい。うまくやらないと一瞬で免許なくなりそう

まだ100キロ程度しか乗っておらずいつもの山にも行けてないのでそこら辺はおいおい

3年目のNinja400

ついに型落ちになった2015年モデルのNinja400ですが9月5日で3年目

相変わらずの万能選手とい言う感じで今年は6割峠4割ツーリング、キャンプみたいな使い方をしている感じ

 

タンデムシートの面積が大きくてキャンツー積載も楽。でかい荷物積んでもバランスが取れている見た目でツアラー感が出て◎

 

以前まではそうでもなかったけど峠を走ると立ち上がりの加速がもうちょっと欲しかったりちょっと不満が出てきた

 

走行中の転倒事故もなく、唯一ヤバかったのはUターンのため入った場所がぬかるんでて結構勢い良く倒して右のステップがクラッシュしたときくらい。この状態でホームセンターまで走ってワイヤーとエポキシパテで応急処置して帰った

 

たまにR25と交換して乗るけどNinja400が重めの車体をトルクで前に進めてる感じに対して軽さで前にでる軽快さがあって楽しい。現行のNinja400クッソ面白そう

 

その他に環境の変化といえば一眼を買ったことによりバイクを撮ることがより楽しくなった。積載やら頭を悩ます部分もあるけどツーリングを終えて家で写真を眺めるのがまた至高の時間

 

 

そして3年目を迎えようとしているところでちょっとフルノーマルに戻した。走りに直接関わってくる部分はフルエキ、フロントのメッシュホースとラジポン、ハンドルくらい。この3つは一度に交換したので戻したのは1年半ぶりくらい

 

まず純正のマフラーはWR'Sのフルエキと比べて体感できるレベルで2000回転~からのトルクが太くなった。WR’Sのフルエキを入れたときには特にトルクが痩せた感じはしなかったけれど戻してみると全然乗り味が違う

加速も明らかに純正のほうが良いのだけれど、久しぶりに戻して慣れていないだけかWR'Sの滑らかに加速して滑らかにエンブレが効くのに比べてドンツキとまでは言わないけれど若干の乗りづらさを感じた。社外マフラー入れたら燃調もちゃんと変えればそこらへん美味しいところどりなんでしょうかね

当然だけど純正マフラーは静か過ぎ。所詮車検対応の400ccのフルエキでもそれなりの低音とパルス感はあったので、純正は排気音がエンジン音より小さくて加速したときの高揚感みたいなのはないです

 

純正のフロントブレーキが一定のラインからガツンと効くのに対してラジポンとメッシュホースは握った分だけ段階的に聞いていく感覚で峠でも街乗りでもやっぱり圧倒的にラジポンのほうが扱いやすく感じた

 

純正のハンドルはやはり高すぎるような気がする。5cmくらい低くてタンクギリギリまで絞られてる専用品のハンドルに交換していたけれど純正は峠は当然、ちょっとした交差点でも曲がりづらく感じた。でも長距離は疲れない

 

アンダーカウルは3Mのカッティングシートで黒くしていたけれど1年半経っても剥がれる気配がなくて耐久性と品質は流石だと思った。カウルに合わせたラメの入った黒で写真の通り近くで良く見ない限り全く違和感ないです

 

野暮ったいフェンダーは言わずもがな。後ろから写真を撮ったときのすぽーちーさが歴然

 

ルノーマルにして乗ると発見があって楽しいけど、ハンドルまわりのカスタムは試行錯誤して完璧なクリアランスで取り付けられたのでこのNinja400にはすごい愛着があります

狩りの準備

8月10日に日本でPC版MHWが発売されるわけだが推奨環境が1060で高設定1080p/30FPSだと770とかいう化石じゃ動かないのでわ~?

 

じゃあこれ

 

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  | |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

1180出るけど値段落ちてきたこっち買った

今回選んだのは下のASUSの1080、GIGABYTEの770と大きさはほぼ変わらないのでPCケースには無事収まった

 

i7-6700kの定格SSDFF14ベンチ最高設定の1080pだと2倍のスコア

 

1080を最大限活かすために湾曲ウルトラワイドモニタもIYH。3440×1440の34インチでかすぎて草

 

FPSの迫力ありすぎてクッソ楽しい

 

シネスコサイズなのでアマプラやらなんやらで見る映画の上下の黒帯が消えてこれまた良さみあふれる

 

臨場感やば…やば…

 

7年前にAMDのA8-3850を買ったときに付いてきたDiRT3を今更遊んでるけど今やるとアルパインスターズやらbrembo、Araiとかバイク乗り始めてから知ったメーカーが多くて楽しい。次のsteamセールでレースゲームいろいろ買い漁ろう

 

ウルトラワイドモニタのFFベンチも。FF14みたいなUIもりもりMMOが一番このモニタの恩恵があると思うけど課金切れてるしMHW始まるのでそのうちやる

流石に770から1080のアップグレードは性能の上がり方が凄まじすぎる

キャンツー装備更新

キャンプにも慣れテント内の快適さを強化したくなった(飽くなき欲求)

 

現在使っているのがBUNDOKのツーリングテント

3800円で購入して値段の割には普通に使える。身長173cmくらいで普通に寝転がれるがシートバックやヘルメットを入れるといっぱい

前室も無いに等しいのでタープを持って行くとなるとなかなか嵩張る

 

そこで買ったのがこいつ

ワンタッチで設営できるのでクッソ楽。前室も十分な広さなのでタープいらず

 

ランタン吊るすフック、小物入れ、窓など

 

ただワンタッチなのででかい。上がBUNDOKで下が今回買ったDODのやつ

でもBUNDOK+タープでもこのくらいの大きさになるので対して変わってない感じはある。重さはバイクに積むと関係なので個人的にはどうでもいい

 

そして今回買った一番やべーやつがこのコット

組み立てに関しては全く苦労せず大きさは大人一人寝転がっても余裕があるバイクとの比較だとわかりやすいかも。そして寝心地がキャンプにあるまじき快適さで草

 

外で組み立ててワンタッチテントにもねじ込める。この快適さはもう手放せないキャンプ始める人はコット選びから始めよう!

 

GENTOSのLEDランタンを購入。この小ささで最大にするとアホみたいに明るい

 

今まではガス式のランタンを使ってたけど雰囲気は最高なんだけど大きさがね…

 

小さい明るい防水&逆に吊るすためのカラビナも底についているのでキャンプ用途には完璧すぎる性能

 

ペグハンマーもタープ付属のちゃちいうるさいものから更新。メーカーロゴが速攻で剥がれ落ちたがゴム製っぽいのでペグを打ったときの音がかなり小さくていい

 

ワンタッチだと設営片付けが楽。壊れるまではこれを使っていこう

 

新しいテントだったので慣れたとことん山へ行きそこら辺を散策

 

でかいけど左右を拡張すればMOTOFIZZの一番でかいシートバッグに入ります。あとは間に小物詰めて残りはサイドバッグで私の場合収まりますね

 

ホムセン箱は絶対に使わない(鋼の意志)

 

焚き火にダイブして首の皮一枚で繋がっていたパチノックスプライムデーのセールで買い直し復活

 

とことん山にも飽きてきたので田沢湖キャンプ場にも行ったが設営できるエリアも広いしなかなかいい感じだった。ただやかましい奴らが来そうな(この日は迷惑な集団がいた)場所なのでソロで行く場合は入り口左奥の林の中に設営するのがいいいかも

 

キャンプ翌日は鳥海山行って終わり!

最近暑くて一眼を持ち歩く気がなかなか起きないねんな…