午前二時のざれごと

おぽちゅにてぃ

奥山林道を走りに行ったが…

CRF250、DRZ400、セロー250と初めて3人揃ったので、山形側から鳥海山を越えて法体の滝方面へ通じている奥山林道へ向かった

 

正直セローでの高速道路はつらい。途中でCRFと交換したけど同じ250とは思えないほど快適だった

CRFは重いから購入時に選択肢から外したけど、近くに林道がなくて長い距離自走することが多いならCRFの方が快適かもしれない

 

奥山林道は良さげな林道を探しているときにとあるブログで見つけて、入り口だけグーグルマップにマークしておいた

 

グーグルマップを見ると道が一本しかなくてっきりずっと一本道だと思いこんでいたが結構分かれ道がある。この看板のある場所は左に行くとすぐ道が無くなっていたので右だと分かった

 

一本道だと思いこんで突入したのでここで困った。携帯もすでに圏外だったので調べようがない。間違ってたら戻ればいいかと気軽にロープの外れている右を選んだ

 

草が生えまくりだったが一応道があり進行方向はずっと分かる感じ

 

ここでも分岐が現れるが直感で左に進む

 

チクチクする草を刈りつつ

 

走りごたえのある道をクリアしながら進んでいく

 

草がすごいけど所々に朽ちたカーブミラーがある

 

カーブミラーが建ってるし道あってるんじゃね?という空気が漂う中、道が崩れている場所に出る

土砂が流れたように凹んでおり写真じゃ伝わりにくけど40センチくらいの壁になっている。勢いで行って上から引き上げれば行けないことはなさそうだったが、右側にバイクを落とすと救出不可能そう&越えた先が通行不能だと戻るのが困難ということで引き返すことに

 

ここまで戻り舗装路の方を進む

 

少し進むと洗い越しが!

 

めっちゃ林道感ある写真が撮れたとキャッキャしてここで長めの休憩をした。セローをキーオフにしわすれライトが付いていることに気づかずに…

 

洗い越しから少しは舗装路が続き絶対道こっちだろwwwという空気になり、川の横断もありテンションが上がる

 

しかし川を超えた先にめちゃくちゃ急な坂が現れる(写真じゃ伝わらないやつ)前日が雨でそこそこ地面が湿っぽいなかなんとかCRFとDRZは登り切るが、セローの山のすり減った純正タイヤが全く踏ん張らずに苦戦していると、なんとセルが回らなくなる

 

カッカッカッみたいなセルが回りきってない明らかにバッテリーが減ってる嫌な音。1速に入れた状態でスタンドを下ろしてエンジンを切る癖がついていて、洗い越しで休憩したときそのままキーオフにせずライトがつきっぱなしだったのと、林道に入ってからエンストを繰り返し頻繁にセルを回していたのが原因

一旦坂を下って体制を立て直して平地で押しがけしてエンジンをかけることができたが、こんなところでセルが回らなくなるなるのはまあ焦った。ジャンプスターターを買おう…

 

セローをアイドリングで下に放置して、とりあえず上に登った2人に方へ行く。行く手には最初の坂より更に急で丸太が連続して埋め込まれている超難関の坂がありセローでは進むのは困難だと確信した

そこそこなタイヤを履いたDRZすら登り切ることができなかったので、我々の技術では無理ということで引き返す

 

 

行きは普通にクリアした川も逆からだと意外と苦戦を強いられブーツが水浸しになった

 

やっぱこういう場所走るためのバイクだわと思いながらセローの足つきの良さと極低速のトルクの太さで難なく通過。見てるとこういう道のCRFは足つきがつらそうだった。DRZは排気量に物言わせて吹っ飛んでた

 

こうなるともう行ける道がないので最初の分岐点まで戻って、左側へ

 

この建築物が参考にしたブログに乗ってたという記憶が蘇り絶対こっちで道あってるだろと士気が回復する

 

真新しい橋の上で空気圧を落とす

 

そっからもうガレ場&ガレ場でとっさに道を選びながら進む面白さを感じながらひたすら進む

 

しかし途中で道が派手に崩落しており進行不能

 

右側に落ちたら10メートルくらいあるし普通に死亡しそうだったので、命をかけた一本橋は却下した

 

どうしようもないので引き返す

 

下りのガレ場は最初は恐怖しかなかったけどやはりとっさに道を選んで進んでいく感じが面白い

 

ということで奥山林道を走破することは不可能でした。3人で入る林道は楽しいですね

あの崩落はもう復旧しないのでは?

真昼岳林道を走ってきた

文字通り殺人的な暑さだった8月はセロー買ってからセロー三昧。たまにMT-09に乗ると大型の狂った加速が超新鮮で楽しい

秋田県仙北市美里町から入って奥羽山脈を越えて岩手に通じる真昼岳林道に行ってきた

 

看板の左の方を道なりに進めば林道入口だけどいきなり間違って田んぼの方に出た。一般農作業爺に道を聞いたら周辺に熊猪用のトラップを仕掛けてあるらしく、林道の道中に熊が出る可能性は普通にありそうだった

 

徐々に道幅が狭く砂利道になっていく

 

ところどころ人の手が入った痕跡がある。ヘアピンカーブが続く

 

特別荒れた場所も緊張するような場所もなく延々とフラットダートで走りやすい

 

道中にノートがいたのは流石にビビった

いくらフラットダートとはいえ結構深い段差もあったしジムニーくらい車高が無いと厳しいと思う。途中で譲ってくれたけど無事頂上まで行けたのか気になる

 

標高が上がるにつれて景色が開けてきて気持ちよかった

 

頂上?付近には車が数台止めれるスペースがあり、プチ登山道のようなものあった

 

見晴らしのいい場所まで登ったけど結構な勾配だった

 

ちなみにこの頂上まではdocomoだと余裕で4Gが通じていた

 

岩手側に下る。秋田側と比べると道幅は狭く草木で見通しも悪く路面も荒れ気味

 

携帯は途中で圏外になった

 

途中から横に沢があり、落ちたら死にそうなポイントが秋田側より多い

 

下りも楽しい。ところどころ車のタイヤの跡もありジムニーくらいの大きさなら通れそう

 

難易度が書かれた滝のガイドマップがあった。一番近い中級の滝に向かってみたがどうやら水の中に入らないと駄目っぽくて1人だと戻ってこれなさそうだったので引き返した。こういう場所に突っ込んで引き返すときセローのママチャリ並みのハンドル切れ角の恩恵を最高に感じる

 

ガイドマップが見えた頃から道幅も広くなりホッとしたので休憩した。コンビニで買っておいたカロリーメイトを食べつつ林道に入るときは水分を少し多めに持ったほうがいいなと思った

 

少し行くと登山道入口があり、箱を開けると地図と登山者が記録を残したノートが入っていたので読んだ。直近の入山者は4日前だった

さかのぼって読んでいくと結構頻繁に登山者が来ていて、単独で入山している人もいた。道の状態も良いらしく登山開始時刻が8時で下山が13時とかなのでそんな過酷ではなさそう

 

登山道入り口からは道も良く登山者の車が来そうな感じがしたので対向車に気をつけつつ下界に戻った

同じ道を戻る元気はなかったので岩手側で奥羽山脈を沿うようにのんびり走って仙岩峠を越え秋田県に戻り帰路についた

通行止めもなくソロでもそこまで緊張しないで走れるいい林道だった

マウンテントレール

中古で色々ついてるセロー250を買ったぜ!

MTでは控えていたがNinja時代から荒れた道を走る悦びは薄々感じていた

 

WR250Rとかなり迷った。オフ車としてのカッコよさはWRだし憧れはあったし1台持ちなら迷わずにWRを買ったけれど、大型のセカンドバイクと考えるとセローがあまりにも最強すぎた

 

動画とか楽しそうだし、とにかく林道を走ってみたくてセローを選んだ

オンロードは5速までしか無いし馬力も低くもっさりしてる、50~80が快適でそれ以上はエンジンがうるさすぎるし分解しそうな振動がくる。高速は乗る気にならない

Vスト250、VERSYS-X 250などの選択肢がある今オンロードに限るならわざわざツーリングセローは選ばないかなという感じ

ただ、ゆっくり延々とトコトコ走るならあり。トロくて車を追い越す気も起きないし前に軽トラがいても全くイライラしない。景色を楽しみながらのんびりした気分でツーリングができる

 

これが林道に入ると一変してめちゃくちゃ楽しいマシンに豹変する。ハンドルの切れ角、シート高の低さで二輪二足で進める恩恵の大きさ、そしてとにかく極低速での粘り強さが凄まじくて写真のような坂道だろうがグングン登れて超面白い

 

マウンテントレールってこういうことね完全に理解した

 

軽いし握れる場所が多いのでスタックしてもバイクを倒して引きずり回して脱出できる

 

 (納車2日目)

 

全く違うカテゴリのバイク、初めての林道は学ぶことも多いけどとにかく楽しくてしょうがない。ほどほどに緊張感を持って毛ガニだけは気をつけよう

 

エンジンオイル教

MT09のチェーンを交換して注油方法も粘度の低いエンジンオイルに変えたので早速試走しに行った

 

高速の追い越しでも峠の立ち上がりの速度域でもスロットルを開いてから加速するまでのグッというワンテンポあるラグが一切なくなっているというか超リニアな反応をするようになった

高速でもぬえわ超えて最大トルクの8500付近の加速の乗り方が明らかに違う。これは多分今までチェーンの張りがたるんでいたのもあるだろうけど

エンジンオイルだとチェーンのローラーを指でなぞるとソロバンみたくシュコシュコ回るようになったのでフリクションロスは確実に白ルブを使っていた頃よりは確実に減っている。チェーン音もジャラジャラというよりシュルシュルでウェットなスムース感というか…ここらへんは街中の発進が特に分かりやすい

 

 MT-09と牛の大群

 

 WindowsXP

 

アツイーヌ

 

上は真っ白で長野ナンバーの隼兄貴が残念そうに降りていって悲しかった

 

 

ただやはりエンジンオイルはNinja400に乗ってた頃の半端に余った10W40のやつを使っているのでとにかく飛び散る

それもそのはずでオイラーに入れてチェーンに注油したのだけれど口が広くて中濃ソースぐらいの勢いで結構ドバドバ出てきてオイルを挿すというよりチェーンにオイルをかけるという表現が正しい状態だった。念入りに拭いても隅々まで行き届いたオイルはチェーンが回ると遠心力でドバァと吹き飛んでいき写真のようになったというわけ

タイヤの皮むきみたく少しずつ端を使えばズルっといくことはなかったけど、普通に怖い

 

なのでオイラーを改良すべく使い終わったルブのノズルを切断してハンダでオイラーの口に固定した。狙い通り一滴一滴、雫のように出せるようになった

 

改良したオイラーでプレートとローラーに2,3滴挿して走ってみたらここまで減ったので1滴くらいがベストなのかもしれない

 

とにかく掃除が楽

粘度低くてそもそもオイル自体が飛んで行くからゴミも全然ついていないしウエスで拭くだけでクリーナーも今の所使っていない。拭いたらオイラーで1コマずつ垂らして行って最後に拭き取りつつプレートのサイドにぬる

ホイールに飛び散りブレーキダストやら砂やらは付着するけれどこれもウエスで拭き取るだけで簡単に取れる。何ならオイルが残って程よい艶も出る

白ルブの場合頑固すぎてただ拭くだけでは取れない。パークリはホイールの塗装を侵してウエスが真っ青になるし、わざわざプレクサスでピカピカにしていた

とにかくあのプレートの間に溜まった真っ黒なルブ糞をクリーナーぶっかけてきれいにする作業がないだけでかなり楽なのだ。ツーリングから帰ってきてもチェーン暖かいうちにやっとくかと思うくらい

今まではメンテナンススタンドを使っていたけどユニットのスイングアームリフトを購入して超気軽にチェンシコできる最強の環境ができあがったのであった

MT-09のチェーン交換した

1万キロ前後くらいでチェーンのいたるところからシールがぴょんぴょん出ているのに気づいた

 

そのままチェンシコして乗ってたらついにシールがまるごと出てきたので交換せねば思った

Ninja400では4万キロ純正のチェーンで何事も無く乗れたが、大型の加速力を存分に楽しむ走り(意味深)をしていればそれなりにチェーンに負荷はかかるだろうしそれ以外にも色々心当たりがありますあります

 

MT-09のチェーンは525のリンク数は110。スプロケットはそのまま使うしコンバートもしないので純正と同じ。EKのブラックと迷ったけどOHLINSの金ピカのあれもチェーン側だし王道を征くDIDのゴールド

 

かし丸君で古いチェーンを外す。チェーンカッターで検索すると値段がピンキリだけどAmazonの評価が物語っている通りこれ買っておけば間違いないと思った

ピンの頭を削らないで抜いたけど押し出す棒が破損する気配はなし

 

古いチェーンに新しいチェーンを結束バンドとかでつなげれば交換が楽だけど、ルブ糞がヤベーことになってるので全部外して掃除しました

 

土みたいなルブ糞の塊がスプロケットカバー開けたらボトボト落ちてくる

バイク屋がよく白ルブを使っているイメージがあって間違いないかなと思いヤマルーブのやつを使っていたけど、これは頻繁に乗ってメンテする人には向いてないような気がする

そこまでバイクに傾倒していない一般の方々はチェンシコなんてそうそうやらないのは錆びてるチェーンを見れば分かることで、だからこそバイク屋は強力な粘着力でチェーンにとどまって雨の中走っても抜けきらない白ルブを使っているんだろう多分

それに比べて500キロなんて簡単に走ってしまいそれくらいのサイクルでチェンシコをしようと思うと、この白ルブの粘着性は凶悪すぎる

ホイールに飛んだのは言わずもがな、砂ゴミ付きまくりのをクリーナー使ってブラシで落とすのも一苦労だし、横着してブラシ使わずにウエスでこすっただけでゴミを呼んだ古いルブが残っている状態で上から新しく吹きかけたのもシールの寿命を縮めた一因なのではないかと思ってる

 

グリスみたいなマヨネーズとシールをはめて周りのプレートと同じ高さになるように圧入する

 

 

ASH 片口めがねレンチ19mm RS0019

ASH 片口めがねレンチ19mm RS0019

 
ASH 片口めがねレンチ27mm RS0027

ASH 片口めがねレンチ27mm RS0027

 

 かし丸君を使うときに19と27mmのメガネレンチが必要だけど、頭がへの字に曲がってる片口が締めるときも緩めるときも握るように力を入れやすくて楽かもしれない

 

ピンをカシメれば完了。躓くことなく一連の作業をスムーズにできたのはかし丸君さんのおかげですわ

 

MT-09のチェーンのたわみ量の適正値は5~15mm、25mm以上は走行禁止と少しビンビン過ぎないか?

適正値に張って走ってみると交換前はたるみ過ぎていたなと思うくらい明らかにフリクションロスが減ったサラサラスムーズな回転を体感できやっぱこういうところは性能に直結する大事な部分なんだなと思ったわけ

ちなみにチェンシコはゴールドチェーンにしたし手入れが楽な粘度の低いエンジンオイルでメンテサイクルを短くして試してみようと思う