午前二時のざれごと

趣味のこととか

DKdesignのハンドルに交換した

K&Hのシートに交換したため若干シート高があがり前傾が強くなったように感じたのでハンドルの位置を考えることにした

 

身長172cmの腕の長さでRnineTに乗ると

・タンクが長いために若干前傾になる

・絞りが少なくワイドなのでロンツーは手首が疲れる

なので少し高く手前にハンドルを持ってくるイメージで快適さに振った方向性で選んで行きます

 

最初にハンドルアップしたときの雰囲気とホース周りの取り回しが気になるのでAmazonに転がっている激安中華ハンドルライザーを入れてみる

 

高さ28mmアップの25mm手前に来る。ホース類の取り回しも結構ギリギリだが突っ張る感じもなくこれくらいのハンドル移設なら全然平気そう

しばらくこれで乗ってみた感じは前傾は緩やかになりいい感じだったがやはり500キロを超えるロンツーをするとこのワイドなハンドルが気になる。肩幅より広い位置にグリップがあり絞りが少ないので手首が徐々に痛くなってくる

何よりこの横からの見た目がかなりかっこ悪い

 

なのでハンドル選びは

・中華ライザーで試したポジションに近いやつ

・純正よりやや絞り多め

・テーパーハンドル

・motogadgetのバーエンドミラーを付けたいので純正と同じネジが切ってある

 

この条件がすべて当てはまるハンドルがDKdesignから出ています

DKdesign - BMW RnineT Comfort Handlebar

直接サイトから買おうと思ったら送料が本体より高くなったので素直に代理店で買いました。正直バイクのハンドルとしてはめちゃくちゃ高い

取り寄せですが大体2週間くらいで届いたような気がします

 

ちなみにこのハンドルのコピーと思われる激安中華もちゃんとAmazonにあります

ライザーはお試しで付けたけどハンドルとかステップに中華はいきなり折れそうでちょっと怖い

 

純正と比較はこんな感じ。図は黒いほうがDKdesign


BMWはスイッチボックス周りが全部ハンドルを貫通するボルトで止められていて、クラッチ側のグリップもスロットルコーンみたいなものが付いているのでグリップヒーター付きでもあまり気を使わないで作業できた

このスイッチボックス等をつけるために空いてるハンドルの穴が年式によって若干位置が違うようで電スロになった2021年モデル用にもちゃんと穴が開けられており、高い車種専用品だけあってポン付け可能

 

↑純正&ハンドルライザー ↓DKdesign

交換後の比較としてはハンドルが短くなったのと絞りが増えたのがめちゃくちゃ効いており500キロ超えのツーリングでもかなり快適で理想のポジション

ワインディングも荷重が抜けて曲がりにくくなったような感覚もなくバーエンドミラーでの視界も変わらず良好。ワイドでローなのがかっこいい思っていたけれどこのハンドルが体型に合っていてあまりにも快適

 

いろいろな角度から

ボクサーツインを積んでいてツーリングマシンとしてのポテンシャルも高いRnineTを更に快適にするおすすめカスタムです

人の納車、ロンツー連発など

FTR1200納車を見る

 

普段一緒に走っている先輩がFTR1200 rallyに乗り換えた

 

1200ccのVツインのフラットトラッカー。国産にはない雰囲気でイイネ

 

タンクに見える部分がエアクリボックスでタンクがシート下にあるので置く場所がなくて追い出されたバッテリーがラジエーターの下に配置されてるのがすごい

 

配色も似てるし並べたくなるよね!

 

青森ツー

 

翌日早速体慣らしツーを行うため青森へ

十和田湖八甲田山→西目屋二ツ井線というルートで

 

十和田湖

霧の写真盛れがち

 

八甲田山で食べたそば

 

この2台で走るのかっこよすぎだと思う

 

フェンダーレスで白いジャケットを着てはいけない(戒め)

 

八甲田雪中行軍遭難事件 - Wikipedia

前から来てみたかった雪中行軍遭難記念像。読み応えのあるwikiなので興味のある人は是非

 

弘前を抜けて西目屋二ツ井線へ向かう

前半フラットダートが続く西目屋二ツ井

フラットトラッカーとスクランブラーで走るとそれっぽくて楽しい

狭い道で山の中を抜けるこの道路が本当に雰囲気が良くて各季節に一度は走りたくなる

 

岩手ツー

青森の翌日は岩手です

 

朝4時に起きると一日が長いことに気づいたため5時集合のツーリングです

岩手の海側行ってみようという事で龍泉洞方面を抜けて海を目指す

 

Vやってそうでめちゃかわいい

 

浄土ヶ浜

この日は朝9時の時点でバイクの外気温計が35℃でかなりの猛暑だったので寄り道多めで向かったが浄土ヶ浜に到着した時点でまだ昼前。日曜日の早朝の道路は車が全然いないので快適そのもの。やっぱ夏は朝駆けに限るね

 

昼ごはんはレストハウスのカレー

30℃超えの気温の中股にエンジンを挟んで走っているFTR1200かなり"ヤバい"らしい。Vツインの宿命

空油冷フラットツイン、高みの見物

 

帰りは新し目の高規格道路国道106号を通って盛岡まで戻ることに

盛岡宮古をつなげるために峠をすべてトンネルでぶち抜いた信号のほぼない自動車専用道で青空と緑まさに夏に走るべき道でとても気持ちが良かった。トンネルの数も多くトンネル内は24℃前後と外と10℃以上差がありメッシュジャケットで走ると整う

ガソリンの安い盛岡で満タンにして帰路につく

 

新潟ツー

岩手の翌週は新潟です

朝駆けにはまりこの日も5時集合して新潟へ向かう

 

知らない道を走り海を見て夏を感じて最高になりたいだけなので、漠然と新潟方向に向かっているだけで目的地の設定なし

 

最高

 

バイク用品店行って各自夏装備買ったあとはラーメン食べた

 

帰りは温泉に入って最高になった

ロンツーの温泉は疲労感がリセットされるので積極的に入っていきたい。写真は寄った温泉にあった温泉を販売しているスタンド 60リットル100円

 

 

聖地化されているだるま屋ウィリー事件の現場で夕日を眺める

この日の走行距離は560キロほどでしたがケツ痛もそこまで無くスポンジの慣らしが終わったK&H製シートの効果を実感


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RnineTにK&Hのシートを装着

皆さんご存知の通りRnineT唯一の欠点として挙げられるのがシート。薄いのは我慢できるとしてニーグリップしたときに内腿に微妙に当たる角が長距離を走るとジワジワと効いてくる。シート交換はRnineT定番のカスタムなのだ

 

 

ということで冬眠中の1月にオーダーしたKandHのシートが4ヶ月の時を経て手元に届いた!

 

構成はハーフタックにSP-02フリーダム、ステッチはミディアムシルバーです

ベースになるシートも何種類かあるのですが、それは純正に近いハーフタックでとすぐに決まったが生地の選択がまあかなりの種類があり迷った。おまけにシートの部分ごとに色も指定できてタックロールと後ろで生地を変えてシングルシートっぽい雰囲気にできたりして余計に悩む

HPにあるお客様の声から過去に納品されたシートを見たり気になる生地は他の車種のシートで検索して質感を確認したりみたいな作業を1週間くらいずっとしてた。まあこれが一番楽しい時間なんですけど

悩みに悩んだ末、1周回ってここはシンプルに行こうという結論に至り、マットなシルバータンクに合いそうな濃いめのブラウン1色にしてステッチは明るめのシルバーに決めた

 

ネオレトロっぽい雰囲気が増して大満足💯

 

流石に専門で作ってるだけあってかなり座り心地がいい

純正と比べても結構厚みが増していますが、跨ってまず最初に感じるのが足つきの良さで純正の内腿に当たる角が落とされているのでスンと脚が下に降りる

柔らかさはフワフワふかふかというより程よい弾力でモチモチ感がありポコチンの付け根からお尻まで曲面で包み込まれるようなイメージ。座る位置を少し後ろにずらすと純正と比べシート幅が増しているのも感じられる

早速400キロほど走ってみましたが快適そのものでシートから伝わってくる振動がマイルドになっているのが分かります。長距離走って全く痛くないという訳ではないが純正の骨まで染みて頻繁にケツポジを変えないと無理みたいな状態にはなりませんでした

 

スポンジの慣らしがおよそ3000キロらしいので自分のおしりに合ったベストスポンジに仕上げていきます

RnineT Scramblerにタコメーターを追加する

RnineT Scramblerはスピードメーターのみでオプションでタコメーターを追加できるのですがメーター周りはシンプルな方が良かったし、別に無くても気にならなかったのですが某所で欲しかったものが格安で手に入ったので取り付けていく

 

既存のスピードメーターのデジタル表示の部分にタコメーターとギアカウンターを追加できるというもの

 

取り付けは簡単でメーター裏のネジを外すとハウジングが外せるのでカプラーオンで間に部品をかませるだけ

 

トリップ1に切り替えると回転数と現在のギアポジション(N、1~6)が表示される

タコメーターあれば走行中チラッと見るしギアポジションもやっぱり普通に便利

最近のツーリングとか

なかなかのハイペースで毎週のように走りまくっている今シーズン

更新が面倒で写真が溜まってしまったのでダイジェストでお届けします

 

弘前の桜

今年も行けた弘前バイクで行くとすんなり駐輪場に止められるのでよい

外濠が見応えあった

 

オイル交換

1000キロ点検から4000キロ走ったところでオイル交換MOTULのリッター2000円くらい

片持ちなので手持ちのメンテナンススタンドが使えずそのまま交換したらイマイチ古いオイルが抜け切らなかったようで窓を見ながら調整したら新品オイルが600mlくらい余ってしまった

 

後日JTRIPのスタンドを購入したので次回は早めに交換したいところ

 

八幡平アスピーテライン

雪の回廊を見に行ったときはまだ積雪する日もあるようだったけれどこの日はいい天気であたりだった。登る前同じRnineT Scramblerに乗っているオジサンがいたので色々話した。アナキーワイルド履いてゴリゴリ林道走った痕跡がありイイネってなった

 

キャンプ

ウマ娘をやるソロキャン。チアネイチャかわいすぎるだろ!

 

このパップテント合体させるの真ん中で焚き火もできるしタープ要らずだし快適すぎてよかった

 

なおとことん山は1泊1800円になった模様

高すぎて多少は人数少なくなったかなと思ったけど駐車場は車で溢れ全くそんなことはありませんでした。写真で少なく見えるのはすべての施設から遠い最端に設営したから

 

GW

GWは連休がなかったのでわざわざ激混みな中、普段でも行ける距離を日帰りツーリングする気にもならず最寄りの海まで走り岩場で生き物を探して終わり

 

龍泉洞

往復400キロ程度の程よい距離で通行量の少ないワインディングも楽しめる龍泉洞コースかなり好き

 

帰り道に初めてみつばちに刺された

チクっとしてなんだと思ったらカッターで切りつけたような鋭い痛みが走って毒が注入されるとめちゃくちゃ熱い感覚がしてその後は火傷みたいにヒリヒリ痛くなり腫れが引くと痒みがしばら続いた(みつばちインプレ)

首に刺さってた針は早めに抜くことができて腫れた部分を水で洗い流したけどミツバチでこの威力なのにスズメバチに刺されたらどうなっちゃうんですかね…

知らないうちにネックウォーマーに入り込んだ蜂から逃れることはできないので覚悟してバイクに乗ろう!

 

鳥海山

この季節は17時にゲートが締まるので16時頃に着くように出発すると人があまりいなくて快適なブルーラインを自分のペースで流せる

DIY

フェンダーレスキットに入ってたナンバーステーが日本のナンバープレートの規格に対応しておらず微妙に小さくてホムセンステーを駆使してなんとか装着していたのだけれど見た目と強度が悪いのでキジマのアルミのプレートベースを購入して加工した

 

ナンバーとベースの間に入る皿ねじの頭がすっぽり収まる穴を開けたくてホムセンで買ってきたインパクトで使える工具で切削したら予想以上にきれいな仕上がりで興奮した